キレーション(デトックス点滴)について

キレーション(デトックス点滴)は、エイジングケア、特にアンチエイジングとして非常に効果の高い美容医療です。デトックス効果が期待されるので、肌だけでなく体質の改善も期待できます。

キレーションは合成アミノ酸の一種であるキレート剤を点滴し、人体に不要な体内の有害金属を体外に排出する働きを促します。キレート剤が体内の有害金属を排出させて角質の代謝が促進されるため、肌のトラブルを未然に防ぐ事ができるのです。

キレーションを美容皮膚科で受ける場合、まずは問診や検査が必要になります。問診によって健康状態を把握するとともに、血液や毛髪の検査によって有害金属の蓄積度、現在補給が必要な栄養素などを詳細に検査するのです。

検査結果が分かれば、実際にキレーションに移ります。キレーションによって肌のシミの解消や、肌のハリの改善、肌荒れの解消、肌の代謝促進、皮膚内部の血管老化の防止など、非常に多くの効果が期待できます。

ただ、キレーションについては一つ注意点があります。それは一回での効果はそれほど高くなく、最低三ヶ月から半年ほど続けることで、その真の効果が発揮されるという事です。体内に溜まった有害金属を完全に排出しないと、真のエイジングケアには繋がらないのです。

エイジングケアができる

美容皮膚科で受けられるエイジングケアには、様々な種類があります。

美容皮膚科では、医師免許を持つ専門医がその知識を活かし、加齢に伴う肌の各種トラブルを解決してくれます。また、肌の老化を防止する美容医療も施してくれます。前者を特にエイジングケア、後者を特にアンチエイジングと呼びますが、総合して「エイジングケア」とする事が多いです。

しかし美容皮膚科でエイジングケアを受ける場合には、自分が受けたい治療がどちらに該当するものなのか、はっきりさせておきましょう。自分の希望をしっかりと担当医師に伝える事が、エイジングケアにおいては大切です。

加齢に伴う肌の各種トラブルを解決する治療の場合、例えば肌のシミに対して、レーザーを用いた治療が施されます。レーザーを非常に弱いパワーで肌に直接当て、シミの原因であるメラニンを減らしていくのです。また、肌の血流を改善する事で、肌のシミやしわ、たるみ、ハリの低下などを改善する治療も存在します。

アンチエイジングの場合、ホルモンの補充などによって体内から肌の老化を防止する治療が施されます。起きてしまった肌の老化を治す美容医療が狭い意味でのエイジングケアならば、アンチエイジングは肌の老化を起きる前に未然に防ぐ美容医療なのです。

美容皮膚科の役割

皆さんは「美容皮膚科」と聞いて、どんなものかイメージできるでしょうか。よくテレビCMなどで宣伝されている「美容外科」については、皆さんご存じだと思います。しかし「美容皮膚科」となると、いったい何をしてくれるのか、分からない人の方が多いでしょう。

実は日本で美容皮膚科のサービスが始まったのは、ここ20年ぐらいのことです。1990年代前半の日本は「ガングロ」など肌を黒くして目立つ女子高生が流行るなど、あまり肌の美容への意識は高くありませんでした。それが1995年頃から「美白」という言葉が流行り始め、次第に綺麗な肌への憧れが女性の間で生まれたのだと考えられます。それに合わせて、「美容皮膚科」も誕生したのです。

美容皮膚科はその名の通り皮膚のトラブルに特化した美容医療サービスとなっています。つまり皮膚科同様に、皮膚の専門医が細胞・組織レベルで皮膚の変化を考えながら治療する事になります。そのため、女性が自身で行うスキンケアよりも格段に効果が出ます。

美容皮膚科で受ける事ができる治療の代表例が、エイジングケアです。加齢に伴う肌表面・内部の劣化に対し、医学的アプローチで様々な改善を施してくれます。

その中で、キレーション(デトックス点滴)が近年注目を集めています。キレーションとは、キレート剤というアミノ酸の一種を点滴する事で、体内の有害金属を体外に排出する事ができる美容医療です。有害金属が排出される事で皮膚の角質の代謝が促進されるため、ニキビなど肌のトラブルの予防になるのです。